読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俄か雨

しがないバンギャルのたわごと

「出席届」

とりたてておかしいことはないけれど、よくよく考えると沼というか闇感しかないパワーワードでなかなか震えるものがある。タイトルの言葉。

本日のお題はこれ
blog.hatenablog.com

について。いやー大半から沼感感じるわ。

というわけで、いい年したバンギャルの手紙について書いてみます。いや一番ガチで書いてたのまだ20代の頃だけど。
タイトルのワード、多分同じ意味合いで使ってる人結構いるとは思うんですが、私の身の回りだと、所謂ファン被りしてない友人というやつが手紙のことを「出席届」と称していたので(確か毎回のように書いてて、書かなかった時に当のメンバーから「今日は出席届は?」と催促されたのがきっかけだったような記憶がある)それに倣って使っています。ていうか手紙催促するってすごい関係性だな。まあでも彼女に関してはそのレベルのガチオキニなので仕方ない。


①宛名
だいたい○○さんへみたいな感じで書いてます。何の変哲もない。
自分の使ってるレターセットがなぜか宛名と自分の名前同じ面に書く形態が非常に多くて、(宛名用の罫線があったりするやつ)写真とかを上げられるとごくまれに名前が見えたりして挙動不審になるときがある。それ本名(名前だけ)出てるので写真消してくださいみたいな。


②書き出し
いろいろ試行錯誤があるのですが、今は
挨拶+日付(手紙を渡すイベントの内容)+(前回参加したこと)お疲れ様でした
がひとセット。一応名乗ります。多分ないだろうけど封筒と手紙が別に手元にわたる可能性を考えて。まあ私字が非常に汚いので、字を見たら一発で私だとわかるような気がしますが。


③内容
音源(新譜リリース時)、前回のライブ、前回がインストならその時の会話、その他ブログの内容、などなどへの感想。基本的に、「ここがよかったと思った」「こういうところが楽しかった」「こういうところが好き」を書いています。褒めて伸ばそう作戦。
というか、一番手紙書いてた時期が、多分向こうが一番病んでた時期で(引っ張られてわたしもだいぶ病んでいたけども)(見ててしんどくなって吐くほど泣いておまけに帰りが日曜の夜の夜行バス(=そのまま出勤)だったのでとても会社行ける状態じゃなくなって会社休んだこともある)、なんか励ますようなことというかプラスなことしか書けなかったんですよね。
最近はもうちょっとゆるい。髪色変えたのかわいい!そっちの色好きだからまた気が向いたらやって!とか。


④締め
それでは、また。で閉めてる。ライブの日に書くものは「今日のライブも楽しみにしています」がその前に入る。


⑤手紙を渡す頻度
前にも書いたか忘れましたがピーク時は一日に2~3か所のインストの全部に書いて渡すような酔狂なことをやっていました。冒頭の友人と、1回目が終わって速攻でファミレスに入って清書したりした。それで遅刻してって「どうしたのー」「やー手紙書いてたら遅くなっちゃって」みたいな会話をしたことがある。阿呆か。
最近はライブごとに書いていればいい方で、割と放置していきます。書こうと思って下書きしたけど全然書けないからじゃあいいかーとなってやめてしまう。


⑥手紙の量
2枚くらいがちょうどよかろうと思ってそのくらいに収めるようにしてるのですが、マックスで6〜7枚くらい書いたことがある。主にブログに対する感想。
あんまり本とか読むのが得意ではないようなことを公言したことのある人なので、長文はダメだろうなあと思いなるべく2枚程度に収まるようにしている。でももらった手紙は即読むらしい。実際インストとインストの合間に手紙読んで2回目の時に手紙の内容についてレスしてくれたこともあります。ただ昔はすっごいファンが少なくて、手紙が少ないって凹んでたこともあるくらいだったので(公共の電波を使ってまで!)分量が少ないからこそできたことかなという気もします。今はどうもそこそこの量手紙もらってるぽいし実際問題無理だろ多分。

…と思ったけどこの間もしかしたら未だに読める限りライブの前だろうが即読んでるのかもと思われる事象が起きたのでそう思っておく…。びっくりした…。


⑦手紙の種類
便箋は適当に選んでいますが、なんか少女趣味が炸裂している気がする。何年前だか忘れましたが一時期キャラものTシャツ(Tシャツブランドのコラボのやつ)とか着てたのでそのキャラの便箋で書いたりしてました。
というか、一度レターセット買ったら使い切るまでは同じのを使うので(覚えられる前にずっと同じデザインのレターセットを使っていた名残)(そういや当時は今よりもう少し大人っぽい柄だったな!?)、基本的にツアー中は全部同じ便箋とかありがちです。
季節感のある便箋集めるの大好きマンなんですが、それやると使いきれなくて来年に持ち越しになってしまうので、季節感云々はシールのみにしてる。この間渡した手紙にはカボチャのシールとか貼りました。貼るものに困る時期は、猫好きだそうなので猫のシールが多いです。


番外編:今まで渡した変な手紙

「変な」ではないけどイレギュラーなものだと、付箋に一言書いてくっつけて飲み物とか差し入れは何回かやったことあります。タバコを差し入れる人ならタバコに直接か付箋はってメッセージ書いて渡すのかな。たばこの差し入れは他のメンバーにしかしたことがないのだけど、その時は確か付箋を貼りました。



…あんまり面白いことないですね!人の読んでた方が楽しいな。

どこのジャンルでもそうなんですが、もらう方の人たちってもらった手紙ってどうしてるんですかね?
ちゃんと保管してる人は(まあこの手の話を公言するのはちゃんと保管してる人達でしょうけど)箱に入れてとっておいてるとか、人によっては大量になっちゃったから実家に送らせてもらいましたとか報告する人も見かけることある。
一度耳にしたことがある一番インパクトのある話は、その子専用の手紙入れを作ってその子の手紙だけ別に保管してある人がいるっていうやつですね…。オキニ対応極まれり…。
自分の手紙の処遇がどうなってるかは知りませんが、逆に読み終わったら捨ててほしいと思います。手元に渡っていればだいたい目を通してるだろうという確証があるからかもしれませんけど。それだけで十分です。むしろ読み返されたくない。昔の手紙の話とかされたらちょっと死を覚悟すると思います。