読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俄か雨

しがないバンギャルのたわごと

ストリップを見に行った話

最近ツイッター上で女子が見に行くストリップ的な話が盛り上がっており、私も行きたいなーと呟いたところ友人(以下の一つ目のブログのひとです)にお誘いいただきデビューしてきました。

merryberrymerry.hatenablog.com

yuma96.hatenablog.jp

劇場鑑賞デビューについてはこのへんの記事が詳しいと思います。ので、デビューのための心構え持ち物その他、その辺のことは先達の記事に丸投げ。

自分が行ったのは5月頭*1の渋谷道頓堀劇場、場所は渋谷駅から道玄坂を上がって行って百軒店のとこ。あの辺のライブハウスに行く人なら、渋谷駅から109の前を通って坂を上がってO系列のライブハウスに行く道をたどって、ハコに向かう角(ファミマのある角)のいくつか手前の角で折れる、と言うとだいぶ分かりやすと思います。12時から開いていますし女性割引もあるので*2ライブ前に少し鑑賞していくなんてのもやろうと思えばできます。

5頭の渋谷道頓堀劇場の香盤(要するに、出順)は
相田樹音さん
左野しおんさん
水鳥藍さん
時咲さくらさん
榎本らんさん
石原さゆみさん
でした。
この1セットを1日4回回し。ひとりひとりの持ち時間があり、踊り子さんひとりひとりのショーの後にデジ写真*3の時間があり、その後にオープンという短時間のショー、というか、Tシャツを羽織ったくらいの格好で出てきてちょっと踊って、お客さんがチップを渡したりなんだりするような時間があり、それで一人分がおわり、という流れ。私が行ったときはさすがに休日とかだったので、かなり押してて3人ぶっ通しで踊ってからの撮影タイムをまとめて、という進行*4でした。オープンもカットだったかな確か。

写真の撮影はかなりフリーダムな感じで、脱いだり着たりするの大変なのでだいたい着衣で出てきて着衣で撮りたい人がわーっと撮って、脱衣で撮りたい方々が脱衣でわーっと撮って、みたいな感じでした。あと剥がしがないので*5うまいことお話ができれば結構踊り子さんと話せます。500円でこんなにお話ができていいのか。入場も女性料金だし、もう少し積まないといけない気持ちになってしまう。
アイドルとか一部のバンドとかだとチェキ撮ってその場でサイン書いてくれてっていうイベントが発生するときがあって*6、そういう時だと案外喋れる(剥がしの人がいたとしても、写真渡す前に剥がすわけにもいかないので相手に嫌がられていなければそれなりに喋れる)んですが、ここではサインは楽屋で書いてくれて次の回*7に回収に行けます。合法的に2回お話ができる。私は回収だけでは飽き足らずその回も撮って受け付け受け取りにしました。この何か月かですっかりチェキ廃ツーショ廃に……。

話を戻します。入った時間の都合で、最初の日は3回目の途中、時咲さくらさんの途中から4回目のさくらさんまで、2回目(1週に2回行きました)は昼の12時に入って1回目にひたすらデジ写廃的な活動をして2回目の藍さんまで貼りついてた。夕方からライブを見に行くつもりだったのですが、押してたので開場時間ぎりぎりに道劇を出てダッシュという。会場が近かったのと整理番号が遅かったのに救われました。

全体的な感想としては、ものすごい生命力を感じました。端的に言うとただ人が踊っているのを見ているだけなのですが、何故か処理する情報がとても多いと感じ、さらに人の身体が発するエネルギーがぶつかってくるといった感じ。なので初めて行った日は、劇場を出たときに頭がくらくらしていた。
ツイッターにもぽつぽつと書きましたが、性は生なんだなという実感。生命力とものすごい迫力を感じる。狭いところだから余計にかもしれない。当然性風俗なのでエロというのは最初にくるわけですが、あまり淫靡でじめっとした感じはせず、明るい、とまでは言わないけど割とからっとした感じの方がより強かった。他の劇場、他の踊り子さんだとまた違うのかもしれませんが。多分我々客の側は踊り子さんを見ているだけで触ることはできない*8、というのもそう感じた要因かな、と思います。我々は舞台の上をただ見てるだけ、っていう楽しみ方が、なんかすごく普段の趣味に近いものを感じる。そういう意味でもバンドとかアイドルとか観劇とか、何かしら舞台の上の人を見に行く趣味のある人なら面白いと思うんじゃないかなと思います。

ここからは各踊り子さんの感想少しずつ。

相田樹音さん
道劇は初だそうなんですが、歴自体は長い踊り子さんだそうで。(15周年だそうです。お話しした時にご自分でもアラフォーと仰ってた。)椅子とハットを小道具として用意して、ミュージカル調の振付で踊る演目(後で聞いたらララランドと仰ってた)があって、それがすごくよかったのですが、その演目を水鳥さんに譲られたそうで。2回目に行った際に見た演目もジャズっぽいものとミュージカル風のものだったので、そういう感じのをよく踊られてる方なんだろうと思った。足が綺麗。網タイツ。是非見られる方は足を見てほしい(大事なことなので)
あと写真撮ったらいろんなものをいただいた。3回ほど写真を撮ったのですが、お菓子を大量にいただきました……。もしかして:餌付け

左野しおんさん
プロフィール検索してみたらまだまだ若い方っぽい。肌の色が白くて(本当に真っ白!)すべすべして肉のつき方が柔らかそうな方だった。演目もなかなかかわいい雰囲気のものが多かったです。あ○ちゃん、アラブ風というかベリーダンス風の衣装を着て踊るやつ(たぶんフォレストスノウという演目?)、あともう一つ、韓流?ぽいチョゴリ風にも見える白と青の衣装を着て踊る演目、を見ました。
お客さんいじるのうまそうだなあという印象は、女子への手厚さがやばいオープンショー(前述)で確信に変わる。ファン層としては男性の方が圧倒的っぽかったですが。撮影タイムのツーショの撮り方が可愛い。ピースの出し方がアイドルだったし自撮りでツーショとかもう可愛さが溢れている。
後で検索したところ芸名(でいいのか)をどうやら園子温氏から取っているらしい。サブカル女子の気配を察知……

水鳥藍さん
最初に見たのがfという演目で、それが患者、女医、ナースとめまぐるしく衣装替えがあるというなかなかにバンギャル心をくすぐる内容だったのですが、もう一つやっていた班女という演目(三島由紀夫の班女がモチーフだそうです)がすごいと聞き、どうしてもそれが見たくて渋谷でのライブ前に昼間から劇場に行きまして。そしたらちょうど樹音さんからララランドの演目を譲ってもらったとかで、その翌日位からそれに入れ替えるという話だったので、見れて良かった……!ララランドはエアリアルでやるそうなので見に行きたかったのですが、さすがに連休明けの仕事状況(基本的に長期休み明けは忙しい)では間に合うはずがなかった。
この方もバレエの歴が長いと聞いていて、動きがそんな感じで優雅でした。班女のえもさ。

時咲さくらさん
2回見てるはずだと思ってたら1回は買い出しに出たときに戻り損ねたのでした……。最初途中から見たのがもう割とベッドに差し掛かった頃だったのですがもうその時は襦袢1枚だったので最初の衣装はわからないです。でも襦袢よかった。で次に見た演目が、途中サンバのような雰囲気になる、羽根しょって踊る演目でした。「踊り子 back to the past」という演目らしい。
おっとりした感じのお顔立ちの、肉付きの綺麗な方。喋り方もおっとりとした感じだった。最初行く前にわたしの持っていたイメージの中のストリップ像に一番近かったのがこの方でした。

榎本らんさん
強めというかギャルな雰囲気の踊り子さん。演目、私が見たのは2回ともR♡Cafeだったのでメイドさんだったのだけど。でもギャル。メイドさんなのにギャル。
演目は前半は普通にメイドカフェをイメージした踊りって感じだったのですが(前半部分はアイドルだなあと思ったけど正直そこまで印象が強くない)、カフェ看板風の小道具(R♡Cafeとメイド喫茶風のメニューとが書いてある)をひっくり返して後半、「夜のR♡Cafe」にした後がとってもえろい(メニューもアダルティ)。メイドさんのご奉仕(意味深)というあれ。

石原さゆみさん
友人たちの推し踊り子さんなんですが、高校の同級生にびっくりするほど似ていた…。6頭で引退されてしまうそうなんですが、初めて観る方にとっつきやすいんじゃないかなと思います。可愛い顔立ちで体がすごくしなやかで綺麗な方。背中から腰のラインがとても良いです。 演目も最初はかわいらしい感じ(衣装もシャツとショートパンツ)だったのが、ワンピースに着替えてからはしっとりとしていてよかったです。さゆみさんも割とアイドル感あるのですが、左野しおんさんが最近流行りの多人数アイドルグループ系なら、さゆみさんはちょっと前のアイドル歌手といった風情。

あと、個人的なメモとしては、先のブログで耳栓とありましたが、道劇に関してはなくてもなんとか大丈夫かな…。ただまあなんとかなるかな、という程度なので、一日居座ろうと思ってるとか、他にも12時過ぎからライブ直前までいてその後ライブ、とかとなると夜には相当に疲れているので、予定があとからあったり長丁場の予定の人などは持って行った方がいいかと。ライブハウス用の1500円くらいするやつは、小さくて音の悪いライブハウスのスピーカー前でも音が耳に直撃しなくなるのでこういう会場でも役立つはず。
懐中電灯は、自分自身は真っ暗なタイミングで立つことはなかったのですが、あれば欲しいなと思いました。後方席(立ち見エリア)になると足元からLEDの照明がうっすらついているので、夜目がきく人ならなんとかなるかもしれない。

とりあえず今は水鳥藍さんを次どこに見に行くかを考えています…。6/1〜5に池袋のミカドに出るよと聞いたのですが、ばんぎゃるの常でその期間はすでに予定がみっちり(なんならダブルブッキングまで起こしている)で一体いつねじ込もうかという…。樹音さん、しおんさんもまたうまいことタイミングを合わせて見たいです。
あと、何人かで踊るチームショーというのもあるようで、今ちょうど道劇でもやっているようなのですが、行けるかなあ…。行きたいなあ。チームショーの中には踊り子さんが二人で男装して踊るBLショーなるものもあるそうなので、それも機会を見つけて観に行きたいですね。

*1:5月1~10日、ストリップの世界では1週が10日で1〜10日を頭、11〜20を中、21〜30を結と呼ぶそう。31日はお休みとなることもあるとか。

*2:いくつかの劇場であるみたいです。ない会場もあるとか。道劇は女性料金2000円、男性は5000円だった

*3:デジカメで写真が撮れる。ポーズ指定、着衣脱衣、ツーショ、等々指定自由で500円。これは道劇の場合で、他の劇場だとポラロイド写真のところや1回1000円のところもあるそうです

*4:トリプルという

*5:時間制限もない。それが押す原因でもあると言えばそうですが

*6:特典会の類とか物販の時間とかその他

*7:次の回はいなくても、その週にまた行く予定があればその時

*8:写真撮るときとかに近づいたり手を回したりしてくれる踊り子さんや、あと女性客を贔屓してくれる踊り子さんとかもいますが。私が行ったときは左野しおんさんが女性客のところに降りていっておっぱい触らせて回っていました(踊った後だったのでお肌がしっとりしててすべすべで柔らかかった……。)